【マニュアル】Todoistガントチャートコンバータの使い方(2)「ガントプロジェクト(GanttProject)」と連携してガントチャートを表示する

  1. Todoistガントチャートコンバータは、ガントプロジェクト(GanttProject)でも使えるようになりました!
  2. Todoist側での準備
  3. Todoistガントチャートコンバータ 入力画面
  4. ガントプロジェクト(GanttProject)を起動。
  5. ガントプロジェクト(GanttProject)にデータを反映します。

Todoistガントチャートコンバータは、ガントプロジェクト(GanttProject)でも使えるようになりました!

Todoistガントチャートコンバータは2021年3月にバージョンアップして、ガントプロジェクト(GanttProject)でも使えるようになりました。

Todoistガントチャートコンバータとは、Todoistに登録したタスクを色々なガントチャートツールに合った形式に変換できるツールの事です。

このマニュアルでは、Todoistに登録したタスクを「Todoistガントチャートコンバータ」で変換し「ガントプロジェクト(GanttProject)」に取り込み、ガントチャートを表示させるまでの手順を説明します。

ガントプロジェクト(GanttProject)とは

ガントプロジェクト(GanttProject)は、ガントチャート表示ができるオープンソースのソフトで、Windows版、MacOSX版、Linus版があり、それぞれダウンロードして使用します。
ガントプロジェクト(GanttProject)公式サイト

Todoist側での準備

Todoist側での登録や設定方法は、Todoist ガントチャートコンバータの使い方(マニュアル)の「 1.Todoist ガントチャートコンバータとは何ですか? 」から「 5.Todoist ガントチャートコンバータでタスクデータを変換します。」までをご確認いただき進めてみてください。

Todoistの「 プロジェクトURL 」を取得したら次の手順に進みます。

Todoistガントチャートコンバータ 入力画面


Todoistガントチャートコンバータ 入力画面に移動する。

まずTodoist Project URLに、TosoistにあるプロジェクトURLを挿入します。
次に赤枠のドロップダウンメニューから「 GanttProject形式 」を選択、「タスクデータを変換する」を押します。
変換結果画面が表示されたらページの中にダウンロードボタンがあるので、ボタンを押してファイルをパソコンに保存してください。

ガントプロジェクト(GanttProject)を起動。

ガントプロジェクト(GanttProject)を起動します。
インストールがまだの場合、以下の公式サイト(英語)からダウンロードできます。
Windows版やMacOSX版などお使いのOSに合わせてインストールしてください。
ダウンロードサイトは英語ですが、ガントプロジェクトのツールは日本語表示できるのでご安心ください。
ガントプロジェクト(GanttProject)公式サイト

ガントプロジェクト(GanttProject)にデータを反映します。

ガントプロジェクト(GanttProject)を起動したら、画面上部にあるメニューから「 プロジェクト → インポート 」を選択すると、ファイル選択画面が表示されます。
ここでTodoistガントチャートコンバータからダウンロードしたファイルを読み込み、タスクのタイトルや日付がインポートされれば完了です。あとはタスクの開始日などを登録してガントチャートを完成させていきます。

使っみてご不明な点などございましたら、こちらからご連絡ください。

改訂履歴

  • 2021.3: ガントプロジェクト(GanttProject)での使い方マニュアル公開