【マニュアル】Todoistのタスクを「Bitrix24」に取り込んでガントチャートを表示

  1. Todoistガントチャートコンバータは、Bitrix24でも使えるようになりました。
  2. Todoist側での準備
  3. Todoistガントチャートコンバータ 入力画面
  4. Bitrix24にログイン、ワークスペース作成
  5. Bitrix24にデータをインポート
  6. Bitrix24でのガントチャートの表示方法

Todoistガントチャートコンバータは、Bitrix24でも使えるようになりました。

Todoistガントチャートコンバータとは、Todoistに登録したプロジェクトデータをいくつかのガントチャートツールに合った形式に変換する事ができるツールです。
このマニュアルでは、Todoistに登録したタスクを「Todoistガントチャートコンバータ」で変換、「Bitrix24」に取り込んでガントチャートを表示させるまでの手順を説明します。

Bitrix24とは

Bitrix24は顧客管理システムと呼ばれるもので、プロジェクト管理やガントチャート、カンバン方式での表示、時間トラッキング、作業負荷計画、など様々な機能が入っているCRMです。Webブラウザがあれば利用できます。
Bitrix24 トップページ

Todoist側での準備

Todoist側での登録や設定方法は、Todoist ガントチャートコンバータの使い方(マニュアル)を参考に進めてください。
Todoistの「 プロジェクトURL 」を取得したら次の手順に進みます。

Todoistガントチャートコンバータ 入力画面


Todoistガントチャートコンバータ 入力画面に移動する。

まずTodoist Project URLに、TosoistにあるプロジェクトURLを挿入します。
次にドロップダウンメニュー(赤枠の箇所)から「 Bitrix24形式 」を選択、「タスクデータを変換する」を押します。
変換結果画面が表示されたらページの中にダウンロードボタンがあるので、ボタンを押してファイルをパソコンに保存してください。

Bitrix24にログイン、ワークスペース作成

Bitrix24にTodoistで変換したデータを登録する領域、ワークスペースを作成します。
まずはBitrix24にログインします。
Bitrix24 トップページ

次にTodoistのタスクデータを登録するためのワークスペースを作成します。
左メニューからワークスペースを選択、次に右上にある「+作成」ボタンを押してワークスペースを作成します。
グループの種類は、今回は「私的な非公開グループ」を選択しましたが、このグループの種類は、お使いの方に合うものを選択してください。

【Todoistのプロジェクト画面】Todoistのプロジェクト名が「 テストプロジェクト 」の場合、Bitrix24のワークスペース名も同じ名前( 今回はテストプロジェクト )で作成します。
プロジェクト名が異なるとインポートしたいプロジェクト内に登録されませんのでご注意ください。

Bitrix24にデータをインポート

Todoistガントチャートコンバータで作成したファイルをインポートします。
ワークグループの画面から「タスク」(赤枠の箇所)を選択して画面を切り替えます。

次に表示されるBitrix24のタスク画面。検索窓の横にある歯車のようなアイコン(設定ボタン)を開き、その中から「リストのインポート → CSVから」を選択して読み込み画面を開きます。

CSVインポート画面でTodoistガントチャートコンバータで出力したCSVファイルを指定したら、それ以外の設定はデフォルトのままで問題ありません。
画面の一番下にある「次へ」ボタンを押して、確認画面、完了画面と進めていきます。

インポート完了画面

完了画面では、エラーが出ていないか確認してください。
エラー件数の数値が0件であれば、問題無くインポートが完了しています。

Bitrix24でのガントチャートの表示方法

Bitrix24で「 テストプロジェクト 」を開き、タスク一覧画面を表示します。
ここでタスクのタイトルや日付を確認、それぞれの開始日を登録してタスクを調整していきます。
一通り入力が終わったら「ガントチャート」タブを押して、ガントチャートを表示させてみましょう。

使っみてご不明な点などございましたら、こちらからご連絡ください。